昭和が思い出深い!

第2今度戦後、驚くべきスピードで復活した全国…。高度景気拡大の一方で、公害や背景潰滅などの不安も多かった年ですが、合戦の悲惨さを知っている奴がたくさんいたからでしょうか、日々の当たり前の生涯の中に幸せを感じられた時代のような気がします。
「惜しい」「ありがたい」「WinWin」「お世話になる」そんな意識が今は希薄になっているように思えてなりません。
NHKの朝ドラ「初心者」を見ていると、昭和の善良な民衆の持っていた徳義心が伝わってきて、ついつい泣けてしまいます。損得抜きで他者を思いやるハートが胸にしみます。
必ずしも裕福な生涯ではないけれど、温かい情にあふれた中で育った主人公の実直で健気な行いを見ていると、レクチャーというもののあるべき姿を感じてしまう。特に、身近な成人が手本となることが大切なんですよねぇ。
ナショナリズムを良くするために勤めるはずの政治建物の行いにもしょんぼりできるばかりです。
国会中継を見ていると、彼氏を攻撃する悪意ばかりが感じられます。それが小学生の学級会なら、「更にみんなで仲良く連合できないの!」といった教官に一喝変わるところではないでしょうか。寝ている奴や野次を抜かす奴もいるし、学級崩壊ステップかもしれませんね。
昭和には、さらにすさまじさや強力読者性を有する政治建物がいたように思います。
昔は良かった…としてしまうのは歳を取った理由なのでしょうね…。「昭和は遠くなりにけり」だ。

.

春日部 脱毛 口コミ