いちごを上手く食べる方法を暗中模索

クリスマスが過ぎ、年明けもバレンタインも過ぎ。
これから人々民衆がいつでも支払えるお値段になってきたイチゴだ。
とちおとめがずらっと並んでいますが、あまおうだって選べます。
先日は買う気満々だったので、勢いあまって2コースも一括購入してしまいました。
丸々食べて、それではOK。
も、イチゴの甘味が今一つない気がします。
漸く買ったイチゴを極度上手く召し上がるには、どうすればいいのでしょう。
試しに少なくカットしたものを鍋で加熱してみました。
潤いを飛ばしたら、甘味が濃厚変わるんじゃないかという計画だ。
これは遠からず成功しました。
ただ、少し砂糖をプラスすると劇的に変わって美味しかっただ。
甘味を強くするといったヨーグルトやパンに合わせると良さそうな気がします。
も、個人的にはイチゴにマッチする甘味は練乳が一番な気がしてなりません。
なのでイチゴ源泉を冷凍庫に入れてちょっぴり凍らせた後に練乳をトッピングしてみました。
これはもう、烈ウマだ。
タフも美貌も度外視して、練乳をグリグリと思う存分かけるのが正解の様態。
なるほど~、美味しい。
評価もピカイチでした。
イチゴって意外に奥が深いフルーツだ。
今年もまだ山盛り食べられみたいわ。

シースリ― 渋谷 予約